人工自然を目指して。

過去に、海水魚と多肉植物を趣味にしていた時の記録です。(-2012)

Blowin’ in the Wind♪

コメントする

うちは構造上、熱が籠る部屋で、

サーキュレーターを使っており

以前、レビューなども書きました。

その後、問題なく使えていますが、

暑く風のない日は、4月でも、

無印2個強運転で、30℃超え…

保水力の低い植物は、調子を崩し、

人工自然、フェンスに這わせた、

ナツユキカズラや、トマト苗も

室外に出す事になりました★

小型多肉も少し危うい…(ノ_-。)


本格的な夏が来る前に、

冷房に頼らない、

効率的な温度管理を探ります。。

サーキュレーターは、基本直進性

送風に特化した物なので、

吹き降ろして、多肉周りの

空気を撹拌していました。

確かに撹拌力は有るけど、

「熱は上へ」に逆らい非効率。

照明廃熱ごと吹き付けられ、

強乾燥の弱点も有りました。

そこで新たな新兵器。

LASKO BOX FAN(3733)2個。

特徴は、箱型50cmの大口径で

給排気が平面、同面積で、

サイドスリットも無く、通常

製品より、積極的な吸気です☆

https://i0.wp.com/www.laskoproducts.com/wp-content/uploads/staycool6box.jpg

言わば、移動換気扇◎

多くのレビューから、

「プラスチックでチープ」は

覚悟で買いました。

開封して驚きの緩衝材フリー^^;

外箱の凹みは要注意か★

コンセントが米仕様、片方大きく

挿し口を選ぶのも、要注意★

ハンドル部分のパーツは足。

本体がプラで軽いので足必須。

うちは寝かせて使うけど◎

足はツルツルチープなプラで、

床によっては滑り止めが必須★

しかも、付属は片方2個…

吸気側に付けたら

風圧で倒れないぜ♪って…

そういう問題?

この精神はイタダケナイ。

中身コレだけ。

仕様に支障がないレベルで

しっかりチープさを演出^^;

メッシュも歪んでたり。

強さは3段階。

ブレード径が大きい分、

音は多少大きめ、

「ブォ~」と言う低音です。

直進性より、広い面で

ガツンと風が来る感じ◎

排気側にロゴ。

吸気側、モーターむき出し…

工具フリーメンテの為?

窓際、外気取り込み中の通り雨、

海水水槽照明の、塩分を含む排気、

酔っ払いの居る飲み会等(笑)

普通以上に水が弱点★

薄さを含め、形はとても良いけど

50×50で、足がアレなので・・

押せば簡単に(・Θ・;)★

アイポンが傾いてるのは、

軽量本体、微振動でのズレ^^;

チープさより、足が最大の弱点★


2台連結すれば、最強に強まった

風も体験できますが^^

魅力はやはり、巨大な吸気面積☆

無印のは、ココに要らない感じ◎

この製品は、こんな感じかな。

デザイン  ☆☆☆☆☆
音     ☆☆・・・
風(量)   ☆☆☆☆☆
風(直進性) ☆☆☆・・

今度からは、風に吹かれて

でなく、風に吸われてですね♪

広告

コメントを残す♥

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中