人工自然を目指して。

過去に、海水魚と多肉植物を趣味にしていた時の記録です。(-2012)

薫る都。

コメントする

京都という街は、駅近は人だらけで、騒々しく、

香水等、人工臭がプンプンするんですが、

駅から離れ歩くと、ふわりと和菓子の甘い香り、

美味しそうなお漬物の香りがして来たり…

(昔撮った写真です。)

更に、郊外の社寺に向かうと、

石畳や、焚き火の香りがして来たり…

中に入ると、築材の木の香りや、お香が香り、

庭を散策すれば、土や苔草の香りと、

静寂に、包まれる事ができます。

聞こえるのは、踏みしめる砂利と、落葉の音。

フト佇む茶室から、良い茶の香りがしてきて、

何してるのか凄く気になったり・・(〃’ω’)

勿論、旅行客だらけなど、例外は有りますが◎

寒く、鼻が敏感な時期程、楽しめるのかも。


お肉散策ついで、近くの下鴨神社に寄りました。

下鴨神社は結構広く、参道も少し長め。

手入れが行き届き、いつも綺麗にしてあります。

参道に、枯葉も落ちていません。

正直、本殿は修復が行き届き過ぎて、

ギラギラした感じが好きじゃないですが、

お金と労力と、手間が掛かっている感じです。

賛否両論あるとは思いますが、

時代に合わせ、柔軟に対応と言うのでしょうか。

Twitterをされている辺りが、今風です☆

罰当たりですが、今回は本殿は行かず、

糺(ただす)の森を散策してきました。

一般的に、鎮守の森と言われる物ですね。

上賀茂神社も綺麗ですが、ココも綺麗です。

原生林でなく手は入っていますが、野草も多く、

小川のせせらぎも、癒されます。

水、石、苔、草、落葉。

和の癒しが、全て有りました。。

病んだ心が、少しだけ糺された気がします。

これは南天でしょうか。

南天の花言葉は、私の愛は増すばかりと、

良い家庭だそうです。

どおりで、、

あの子も、あの子も、あの人も…(笑)

以前は、外に出掛けると、

可愛い子ばかりに、目を取られていましたが、

最近、子供を連れた若い

(と、言っても30代後半でしょうか)

お父さんに、目が行く歳になりました。。

リフレッシュして、心の空いた部分に、

重い物を、持ち帰って来る気がします(´□`)

でも、一人で黙々と何かをしてる時間、

好きなんですよね(´ー`)♪

広告

コメントを残す♥

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中