人工自然を目指して。

過去に、海水魚と多肉植物を趣味にしていた時の記録です。(-2012)

ここおいでや♡

2件のコメント

カイガラムシの学名「Coccoidea」だそうです。

お呼びじゃないんだけど・・・(゚д゚;)!!

完全室内飼育で、発生すると考えると、

購入時に一度、完全に薬漬けにするか、

オルトランたっぷりで、育てるしか有りません(>。<)

ベニカDの毒性を調べたら、良い資料を発見☆

医薬品情報21さんの、

「ベニカDスプレーの安全性について」という文献。

意外に安全性が高いみたい◎

スプレーの飛散だけ注意すれば、

残留性も、オルトランより低い様。

オルトランについては、

アリスタ ライフサイエンス株式会社さんの、

「トーメン農薬ガイドNo93」が有りました。

株元散布した物が水に溶け、根から吸収、

株自体に取り込まれるようです。

・土壌施用時の残留性低く、半減期は2~3日

・根から吸収され、安定した防除効果と長い残効性。

と有りますが、どゆこと???

半減から単純計算して、4~6日効果有る事が

農薬的には、長いって事なのかな。

農林水産技術情報協会さんに、

「カイガラムシの防除」について書かれています。

普段からオルトランで予防し、発生時には、

ベニカ等で積極的に増殖・感染を防ぐ、

併用が良い感じですね。


写真がないのも寂しいので・・

カランコエ・クイーンローズ “パリ”です。

クイーン社の、カランコエ・ローズ

八重咲きの改良品種が「パリ」みたい?

本物の、バラ咲き多肉です。。。

花を楽しむ多肉だけ有り、迫力が違います☆

葉はカランコエぽいけど地味♪

いくら花が美しくても、

切り刻んで、ばら撒いてやる(゜ロ゜)♪


カランコエ・ブラウンバニー

葉挿しも、伸びてきました♪

フサ毛多肉では、初の葉挿し成功☆

広告

ここおいでや♡」への2件のフィードバック

  1. カイガラムシ=ココオイデヤ って、インパクトありすぎます(笑)
    書いてる内容が多すぎ ^^ 一つに絞って書いてくれるとコメントしやすいのだけど ><

    オルトランは梅だけは止めた方がいいらしいです。
    吸収率が抜群、食物なので危険だからが理由のようです。
    多肉が食べ物でなくて良かった ♡♡
    安心して散布出来ますものね (^-^)
    近々、花月(金のなる木)にオルトラン散布します。
    ブログ更新した時に読んでね ♡

    • 実はo(オー)が一つ足りなかったりするんですが。
      最近、書いてる間に眠くなって、
      とりあえず、upしてから手直しする傾向があって(^^;)
      結構過去のも、後で短くしたりしてます。
      貴重なご意見有難うございます。

      梅はダメらしいですね。
      梅自体、室内飼育は開花せず…ダメらしいので持ってないけど、
      多肉でも、食べる物とまではいかなくても、
      アロマティカスの様に、ハーブ系、人に使えるものは怖いですね。
      自分が農薬使ってなくても、購入前に使っていたかも知れないし。。

      花月の記事、楽しみにしてます♡

コメントを残す♥

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中