人工自然を目指して。

過去に、海水魚と多肉植物を趣味にしていた時の記録です。(-2012)

思い出の声。

コメントする

声優の黒沢良さんが、お亡くなりになられたそうです。

寝たきりの祖母も、先月他界しましたが、

今年は訃報や入院が、多い気がします。

天皇陛下も、体調を崩され入院中とか…心配ですね。

これだけ続くと、今後益々悪くなる社会情勢や、

気候変動を見越して、「この辺で…お先♪」と、

自ら、亡くなられている様にすら感じます。

僕にとっての黒沢良さんは、TBSブリタニカの

カセットブック、シャーロックホームズ役でした。

1987年発刊で、ラジオやカセットテープの時代。

僕は80年生まれなので、小学校の時、

父が、気まぐれで第1巻を買って来て、

分からないながら、何度も何度も聞きました。

これが好奇心旺盛な、今の自分の原点になりました。

ホームズ役・黒沢良さん、ワトスン役・羽佐間道夫さんの

絶妙な駆け引きで、ホームズの世界の虜になりました。

20数年経ち、思い出の品は殆ど紛失も、

これだけは、なぜか捨てれず残っていました。

大学卒業後、収入が出来調べてみると、実は10巻組。

元々少ない流通量、20年前のカセットテープ、、

地方図書館に一部残っている様ですが、市場在庫は皆無。

オークションでも数年に一度の出品。

重複しながら、少しずつ集めて来ました。

第9巻が、どうしても見つからなかったのですが、

この度、全巻セットで出品されている方に出会い、交渉成立。

24年の歳月を越え、やっと全てが手元に☆

自分の第一巻と、重複した、それぞれ別オーナーの秘蔵品。

それぞれが大切に保管され、現存してきたと考えると感慨深い…

PCで、デジタル化していた矢先の訃報。

偶然のタイミングに驚きましたが、黒沢さんがお亡くなりに

なる前に、最後の一巻が、聞けて良かったと思います。

僕の中で、黒沢さんのホームズの軽快で張りの有る声は、

永遠と、衰える事は有りません。

「都合良ければすぐ来い。悪くても来い。」

第9巻《這う人》 は、この言葉で始まります。

ホームズがワトスンに送った電報の台詞。

冒頭から、読者を引き付けて離さない、

この一文に、ホームズの性格がよく現れていると、

感銘を受けました。

このセリフが流れるように耳に入り、感情移入出来るのは

ひとえに声を当てた黒沢さんの表現力。最高の声です。

本当に有難うございました。

広告

コメントを残す♥

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中